マカソフォン粒 今までの精力剤に不満を持っている方にお勧め!
 
 
 
 
 
商品詳細
健康食品の流通ルート
特定商取引に関する表記
健康商品の価格
ご注文
TOPにもどる
 
マカソフォン粒とは  
インカ帝国の昔から伝承の強精食マカを主に、タイの原住民族の間で古来より強精剤として伝承されてきたソフォン、さらにインドのアーユルベーダにおいて活用されてきたアシュワガンダをバランスよく配合したサプリメントです。  
商品詳細
 
  マカ
   
  標高5000mのペルー山岳地帯ボンボン高原の厳しい自然環境で栽培されている植物「マカ」。
   
 
マカの写真

マカは標高4,000mの南米ペル−山岳地帯アンデス山脈の厳しい自然環境の高地で栽培されるアブラナ科の植物です。マカはインカ帝国の時代から食されており、南米で最も強壮作用が強い植物として珍重されてきました。インカ帝国時代、マカは戦士の活力源だったといわれていますが、その反対に、戦士がマカを食べることを禁じていたという説もあります。その理由は、マカを食べ過ぎると精力がつきすぎ、侵略地の婦女子を襲うおそれがあったからだそうです。

   
  ソフォン(赤ガウクルア)
   
  「ソフォン」はタイの伝統的な天然の植物。自然食系の強精剤として全世界の男性に人気。
   
 

タイのメコン川流域の限定された地域のみ自生するマメ科コチョウア科に属する植物「ソフォン」は、カレン族やモン族の間で古くから男性の強壮・強精剤に使用され、男性の性行動を活発化させる秘草として長く伝承されてきました。ソフォンはタイの伝統的な天然の植物であり、どんな人が食しても害がないため自然食系の強精剤として全世界の男性に人気になっています。

ソフォンの写真
   
  アシュワガンダ
   
  馬の力がつくハーブとして使われてきた「アシュワガンダ」。アーユルヴェーダを代表するハーブの一つ。
   
 
アシュワガンダの写真

アシュワガンダはサンスクリット語で馬の意味で、インド伝承医学「アーユルヴェーダ」では、馬の力がつくハーブとして使われてきました。アシュワガンダ(Ashwagandha:サンスクリット語)と呼ばれるインド、ネパールや中東に自生するナス科の植物です。アシュワガンダは、アーユルヴェーダ療法において、ヴァージー・カラナ(強精薬、催淫薬)としても用いられてきました。インドでは、このアシュワガンダの根が、上記のように強壮・強精剤として、あたかも朝鮮人参 "Panax ginseng"のように用いられることに因んで「インドニンジン(インド人参)」とも呼ばれ、アーユルヴェーダを代表するハーブの一つとして幅広く利用されています。


当サイトで使用している画像、およびテキストの無断転載を禁止します。
Copyrightc2005 JSKG All Rights Reserved.