「N-アセチルグルコサミン」ってなに?

N-アセチルグルコサミンと聞いて直ぐにわかる人は、相当の美容ツウです。この成分は、最近大変注目されている成分で、ヒアルロン酸の素となるもので、関節軟骨の主成分を生成するだけではなく、表皮と真皮におけるヒアルロン酸の産生を増加させ、肌の弾力性や柔軟性を高める働きがあるのです。加齢と共に、シミ、しわが増え、肌の乾燥状態が悪化するのを防ぐ為には、肌のうるおいをキープすることが一番の基本です。うるおい成分「N-アセチルグルコサミン」で貴女も今以上に若返ってみませんか?

N-アセチルグルコサミンは「グルコサミン塩酸塩」ではありません。

グルコサミンとは、関節やじん帯などに存在し、ムコ多糖に多く含まれているアミノ糖の一種。コンドロイチンやヒアルロン酸の主原料になるものです。一般的にはエビやカニなどの甲羅類外側のキチン質に存在するので、食事などでは摂ることはできません。これまで一般にグルコサミンと言われていたものは、正しくは「グルコサミン塩酸塩」と言います。 エビやカニなどの甲殻類の外殻に含まれているキチン質を塩酸を使って急速に加水分解して作られたものが「グルコサミン塩酸塩」です。塩酸を使用して、比較的早く、容易に量産することができるので、健康食品(サプリメント)などに使われるなど急速に広まってきたのですが、この方法だと、グルコサミンに余分な塩酸がついてきてしまいます。しかも、このグルコサミン塩酸塩は、自然界には存在しない化学合成物質です。一方、N-アセチルグルコサミンは、グルコサミン塩酸塩とは異なりカニやエビの殻から酵素分解によってゆっくり丁寧に天然のまま抽出されたグルコサミンなのです。つまり、グルコサミンに「N-アセチル基」という物質がくっついた状態が、天然のグルコサミンの状態なのです。これはもともと自然界や人間の体の中に存在しているものと同じものです。さらに、N-アセチルグルコサミンが注目される理由は、分子が小さく、吸収されやすい点です。グルコサミン塩酸塩と比較すると、約3倍の吸収率です。N-アセチルグルコサミンは、体内のD-グルクロン酸と結びつき、ヒアルロン酸となります。実は、ヒアルロン酸の半分はN-アセチルグルコサミンでできているのです。 ヒアルロン酸は、N-アセチルグルコサミンとD-グルクロン酸が重合した高分子の粘液性ムコ多糖類であり、体の重要な構成成分となっています。一般に市販されているグルコサミン含有サプリメントにはグルコサミン塩酸塩が配合されているものが多いのですが、グルコサミン塩酸塩とN-アセチルグルコサミンは分子構造が違いますのでまったく異なる素材です。価格も製造条件が厳しいN-アセチルグルコサミンがグルコサミン塩酸塩の5倍~8倍もします。

「天然型N-アセチルグルコサミン」を原料のまま低価格でお届け!

N-アセチルグルコサミン  1袋 100g入 6,000円(税・送料込)

N-アセチル グルコサミン 100%粉末 (無添加)
カニのキチンから、酵素加水分解により製造された高純度品。天然型グルコサミンなので、吸収率が高く、さっぱりとした甘味が特徴。
【お召し上がり方】
栄養補助食品として1日0.5~1g(ティースプーンに軽く一杯で約1g)を目安にお飲みください。

この商品を注文する


●普通のグルコサミン(グルコサミン塩酸塩)の場合、1日の摂取目安量は1,500mg~2,000mgですが、N-アセチルグルコサミンは吸収率が高いため、1日の摂取目安量は500mg~1,000mgです。量が少なくてすみますので、お飲み物に入れてお手軽にお召上がりいただけます。
●N-アセチルグルコサミンはほとんど無臭でさわやかな甘味を持ち、冷たいものにも溶けやすい粉末です。そのため、1日の目安量500mg~1,000mg(ティースプーンに軽く一杯くらい)を水やお茶、ジュース、牛乳、ヨーグルトなどに配合しても全く違和感なく美味しくお召上がりいただけます。また、熱に強い素材ですので料理などにも使用することもできます。
●N-アセチルグルコサミンとコラーゲンを組み合わせて摂ると、さらにパワーアップします。
●アルミパックに入れておけば、常温で二年間は保存できます。


【ヒアルロン酸とは】
ヒアルロン酸は、1934年Meyerらによりウシの眼の硝子体から初めて分離されました。その名称は、Hyaloid(硝子体の)とUronic acid(ウロン酸)を合わせて、「Hyaluronic acid(ヒアルロン酸)」と命名されました。ヒアルロン酸は、グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種です。学術上は、ヒアルロナン(hyaluronan)と呼ばれているようです。N-アセチルグルコサミンとD-グルクロン酸の二糖単位が連結した構造をしています。生体内では、極めて高分子量で、分子量が100万以上あると言われています。
ヒアルロン酸の特徴は何といってもその保水力にあり、皮膚をはじめとする体の中でも水分の多い部分に多く存在します。皮膚の表面から表皮・真皮・皮下細胞の順に構成されていますが、ヒアルロン酸は特に真皮に多く含まれています。加齢によって真皮でのヒアルロン酸が減少すると、肌の水分が十分に保てず、しわ、たるみ、乾燥肌の原因になることが知られています。





注文方法 | ソフォン | ヒアルロン酸 | 大麦若葉粉末 | 田七人参 | コラーゲン |